2016年12月27日火曜日

ほんまでっか?ハイデッガー!【…の「現存在」の正体はこれだ…という前に述べておかなくてはならないこと編】

ヘラクレイトス
 (ハイデッガー全集)
   昔々その昔、ギリシャにヘラクレイトスという哲学者がいた。
 よく似た名前にヘラクレスという筋肉バカがいるが、あんなカブトムシ並みの知性の持ち主とは真逆の存在である。
 彼は言った。「万物は流転する!」さらにこうも言った。「あらゆるものは火からかたちづくられている!」
 深遠なる哲学を身につけた彼は、人を嫌って山中で暮らすうちに、身体中に水ぶくれ(水腫)ができてしまった。やむなく街へと降り、医者たちに謎をかけて回った。
「豪雨から旱魃を作り出せるものはいるか?」
「臓腑を空にして水分を出してしまえるものはいるか?」
 医者たちは皆首をかしげ、ヘラクレイトスは彼らに背を向けた。そしてて牛小屋に入ると、牛糞の山の中に寝転がった。子供達を呼んで全身に塗りつけさせた、という話もある。
 そうしてそのまま死んでしまった。享年六十。
 火の熱をすべての根源と考える彼は、牛糞の発する熱が水ぶくれの水分を蒸発させることを期待したのだ。
 なんというか、己の哲学に殉じた、と言えなくもないかもしれない。とは言え、ヘラクレイトスの死体を片付けた人たちは、さぞかし難儀だったことだろう。

2016年12月5日月曜日

ほんまでっか?ハイデッガー!【…と言えば「現存在」なわけだけど編】

 「現存在」というのは、ハイデガーの哲学の中でかなり重要な位置を占めている。それなのに、なんか知らん「みんな当然わかってるよね?」的な扱いをよくされている。ハイデガーについての、いわゆる「解説書」の中で。