2018年2月3日土曜日

ほんまでっか?ハイデッガー!【…の存在論を一行で表すと編】

『カントリー・ロード』といえば、故郷への切ない思いを歌い上げたカントリー・ソングの定番だ。今の日本では、ジョン・デンバーやオリビア・ニュートンジョンより、ジブリアニメ『耳をすませば』で憶えている人も多いだろう。
 で、この『カントリー・ロード』なんだが、実は結構いい加減な曲なのだ。ウェスト・バージニアを「まるで天国Almost Heaven」と歌いながら、作ったジョン・デンバーも、結婚前だったジョン・ダノフとタフィ・ナイバードも、ウェスト・バージニアに生まれたのでもなければ、足を踏み入れたことすらなかった。
 ただ、メロディにちょうど語呂がいい、という理由だけでウェスト・バージニアが歌いこまれたのである。
 そんな事実が広く知られることとなっても、今もこの曲は耳にすれば誰もがノスタルジーに胸かきむしられる名曲であり、バージニアあたりじゃ州歌に採用されてたりするのだ。

 何が言いたいかというと、ふるさとへの「なつかしさ」という人の心を強く揺さぶる感情、ともすると命にも関わるほど大切に考えられてしまう感情は、その実結構いい加減に出来上がっている、ということである。
 以前のエントリーで「ドイツ語には『なつかしい』にあたる言葉がない」と書いた。(ちなみに中国語にもなかったりする)
 ふるさとに対する感情としては、何やら「身近だ」とか「大切だ」とかで表現する。ふるさとから自らのある「いま・ここ」への距離という、あいまいな時間に寄り添うような感情を直に表したような、「なつかしい」という言葉ではない。
 そしてまた、以前のエントリーで日本語自体が「いい加減な」シロモノだと書いている。それこそ、『カントリー・ロード』で表現される「なつかしさ」のように。

故郷へかえりたい ~カントリー・ロード~

 世界の各々の文化のあり方として、感情をどのように表現し、どの部分を有為に表すかは、その地域の歴史や文化だけでなく、言語がいかな構造を持っているか、も重要な要素としてあると思う。
 ハイデガーの『存在と時間』には「ふるさとHeimat」という単語は登場しない。それはドイツ語に「なつかしい」にあたる単語がない、ということもあるように思う。
 ハイデガーはヘルダーリンやヘーベルの詩を愛したし、ヒトラーの口にする「祖国」にシビれていた。「祖国」もまたドイツ語ではHeimatであり、その一語の中に「愛さずにはいられない何か」というニュアンスも含まれている。
「私のふるさと」であればMeine Heimatである。ついでに、彼のふるさとはseiner Heimatとなる。そう、三人称単数男性の所有代名詞は、存在と同じseinなのだ。和辻哲郎が「ハイデガーのいう存在は所有ではないのか」と考えたのは、この辺にきっかけがあるかもしれない。実際、ドイツ語の存在Seinは、その語の響きの背景に、すでにして「所有」が隠れている。
 さて、私は今「私の」ふるさとと書いた。日本語は所有格(ドイツ語だと二格)を私「の」と、助詞をつけて表す。ドイツ語はIchがmeinと言葉自体が変化する。しかし、日本語はそのままである。
 そして「ふるさとの私」とひっくり返してみる。何やら地方紙のコラムのタイトルめいているが、なんとなく了解できる。だが、ドイツ語は論理的なので、そんな大雑把な物言いはしない。
 ドイツ語が厳格であることが、ハイデガーを散々に悩ませ、悩んだあげくに書き表した書物が、さらに読者を悩ませるようになっている。

「ふるさと」とは、ある場所であり空間であり、必ず「時間」の流れをまとっており、それは人々にとって慕わしいものである。
 どのように慕わしいかといえば、それは「私のふるさと」であり、「ふるさとの私」であることだ。「私」は「ふるさと」を「持って」(所有して)いるし、同様にして「ふるさと」が「私」を「持って」(所有して)いる。
「私」が「ふるさと」を「なつかしい」という時、私が「ふるさと」を持つと同時に「ふるさと」は「私」を持っているのだ。わかりやすく言い換えれば、「ふるさと」に「所属」しているということだ。
 ここに「存在」とは何か、の解が現れ出ている。
 つまり、「私」に「ふるさと」が「ある」ことと、「ふるさと」に「私」が「ある」ことは、同じなのだということだ。
 ゆえに、ハイデガーの言う「存在とは何か」は、日本語なら一行で済む。

存在とは「の」である。

 ただこれだけだ。
 ハイデガーはこれに苦しんで、現存在Daseinによって存在Seinを所有し、現存在は世界・内・存在in-der-Welt-seinだとした。「ふるさとの」はin der Heimatであり、「ふるさと」への慕わしさを世界・内・存在in-der-Welt-seinに盛り込もうとしたのだ。
 
 だいたい「なつかしい」などと言う感情自体、無根拠でどこにでも現れて、何にでもくっつく代物である。それは冒頭に例を示した通りだ。だからそれを表す単語がなくとも、なんの不都合もない。
 しかし、人はちょくちょくそれをひどく大切に抱え、感動して涙し、時には命と引き換えにすらする。
 ハイデガーもそのように考えたのだろう。
 そして今も、少なからぬ人たちが、そのように考えている。

 まだもう少し続きます。


2017年11月4日土曜日

ほんまでっか?ハイデッガー!【…が戦後に語った「民族」ってなんかちょっとアレだ編】

「なんでよりにもよってナチなのか?」というのは、戦後ハイデガーに取り憑かれた人たちが揃って抱えた疑問だった。
「ナチを賛美した」というところから遡っても、どうしてそれが「存在」に繋がるのか、よくわからなかった。
 ナチとの関連として、ハイデガーが『存在と時間』の最後の最後にちょっとだけ「民族」について触れたことについても、その「民族」という単語の存在が指摘されるばかりで、それが存在論とどのように繋がってくるのかよくわからなかった。
 なので、ハイデガーはずーーーっと「二十世紀最大の哲学者」のままだった。

2017年10月14日土曜日

2017年8月13日日曜日

ほんまでっか?ハイデッガー!【…は「時間」について判って欲しかったらしいんだけど編】

ハイデッガー 
ツォリコーン・ゼミナール
    てなわけで、いきなりテーブル投げというか、「こないだ偉そうに言い垂れたことは、あれナシね。ノーカンノーカン!」と始まったばかりのゼミナールで「必殺ちゃぶ台返し」を披露したハイデガーなわけだが、一応ご当人にもそれなりの思惑があったりはしたようだ。

2017年7月12日水曜日

****業務リポート(そろりそろりと始動)*****

 店をたたんでからひと月と十日が過ぎた。
 早いというかなんというか、この間何もしていなかったわけでもなく、自宅に運び込んだ在庫やら棚やら文房具やらどうでもいい私物やらを整理していたのだ。やってみると、これが思ったより手間がかかる、というか、まだちょっと終わってなかったりするわけだが。